2006年07月09日

夕飯は、ビーフシチュー。4

今日の夕飯は、妻の弟が作ってくれたビーフシチュー。

出掛けていた妻と娘が帰ってくると、思いがけず実家から
ビーフシチューを貰ってきました。

自分はあまり食通でもグルメでもないですが、妻の弟の
料理と聞いただけで、『 美味しい 』と確信が持てます。
そして食べるのが楽しみです。
あ〜っ、食べる前に写真をとっておけば良かった・・・。



今までにもたくさんの料理をご馳走になりましたが、
どれも本当に美味しかったです。

飲食店のバイト先で、厨房に入って料理を作っていたと
聞いたことがあります。
妻も弟より料理は下手だと認めていて、うちのシェフと
して雇いたいぐらいだ、とも言います。(笑)


その彼(弟)が作ってくれたビーフシチューを戴きました。

「美味しい♪ 本当に美味しい。」

スプーンで料理を口にする度、この言葉が出てきます。
具は大き目ですがやわらかくてスプーンで切れるくらいで、
そしてソースはまろやかで癖になりそうです。

正直、自分はあまりビーフシチューは好んでは食べません
でした。お店などでも食べたことがありますが、もう1度
食べたいと思ったことはないです。

・・・が、このビーフシチューはまた食べたいです♪


以前、妻と彼(弟)の料理の会話でこんなやりとりがあった
のを思い出しました。

(妻)「○○の料理の、どこで砂糖何杯で、しょうゆ何杯
    とかのレシピ教えてよ。」

(弟)「はっ?そんなの普通にやればいいだけだよ。
    何杯とかも適当だし、わからないよ。」


その会話を聞いて、自分は、
『普通にやってもこう美味しくならないでしょ。』と
心のなかでツッコミました。(笑)

そして、調味料などの分量については、
今でも料理をつくる時に本を見てつくる妻との差でしょうか。
確かに一流の料理人でレシピを見てつくる人はいないですよね。


まっ、自分が料理をするときには参考にしたいです。
それにしても、美味しかった〜。


『 小さな幸せ度 』 ・・・☆☆☆☆

○第二児出産予定日まで あと120日

RANKING

←良かったらクリックお願いします。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
☆ 笑顔満載!☆
 【名前】 岬 太郎(自分)
 【年齢】 30代
 【職業】 普通の会社員
 【家族】 妻、娘(5歳)、息子(0歳)

 【一言】 日々小さな幸せを探して日記
      を書いています。

    『 沢山の笑顔 』 に出会える
     サイトを目指します♪

ランキング


↑人気blogランキングへ


人気ブログ