2006年10月03日

アルプスの少女ハイジ4

とても良いことを言っていました!

5月から図書館へ通い、CDやDVDを借り続けてきた
『 アルプスの少女ハイジ 』も日曜日(10/1)で最終話
を迎えました。

最終話では、足の不自由なクララが「 歩きたい!」と
いう強い意志を持って人一倍努力し、ハイジやペーター、
そしておじいさんに支えられ、一人で歩けるようになる
というちょっと感動する話でした。

これを見て自分は、教わることがあるな〜と感じました♪

『アルプスの少女ハイジ アルムの山』

 

 ←アルプスの少女ハイジ DVD

 

 



自分が教わることがあるな〜、と感じた場面は・・・

足の不自由なクララが歩く練習をすることを決意!
練習を始めた日、全然動かなかった足が少し動かせる
ようになりました。

それから日に日に効果が出て、クララはもちろんハイジ
やペーターも大喜びです。


しかし、ある日を境にいっこうに進歩がなくなりました。
ハイジやペーターも期待するあまり、クララは突然
「もう、歩けなくてもいい。」と言い出したのです。


そんなクララを見て、おじいさんは、
「はじめのうちは、目に見えて効果がはっきりとわかる
 が、それ以降はなかなか結果が出ず、目に見える効果
 もないため、次第にもうだめなんじゃないか?・・・と
 思ったんだろう。」

続けて、
「本当は、歩きたいと人一倍思っているからこそ泣いた
 り怒ったりするんだろう。」

「いつ歩けるかなんてどうだっていいじゃないか。 
 周りを気にせず、それに向かってただただ努力を
 すればいい。」

と話した時、クララは号泣でした・・・。


自分の気持ちを理解してくれている人がいることに感動
したのではないでしょうか・・・。


これを見て、普段でもよくあると思いました。
何か新しいことを始めたり、やり始めたりした時、始め
はうまくいったりするけど、しばらくすると伸び悩む
なんてことがよくあります。

このような場合、だいたいが自分には合わないとか、
向いていない、と理由をつけてやめてしまうと思います。
もう少し頑張れば、結果が出たかもしれないのに・・・。

そう思うと、良い話なんだな〜と感心しました。(笑)


まっ、子供にわかるかどうかは知りませんが、娘も一緒に
見ていたので親子で一緒に見るのも良いと思います♪


『 小さな幸せ度 』 ・・・☆☆☆☆

○第二児出産予定日(11月6日)まで あと34日

RANKING

←良かったらクリックお願いします。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
☆ 笑顔満載!☆
 【名前】 岬 太郎(自分)
 【年齢】 30代
 【職業】 普通の会社員
 【家族】 妻、娘(5歳)、息子(0歳)

 【一言】 日々小さな幸せを探して日記
      を書いています。

    『 沢山の笑顔 』 に出会える
     サイトを目指します♪

ランキング


↑人気blogランキングへ


人気ブログ