2006年10月19日

準備万端!?(陣痛…?)3

妻の出産予定日まで20日を切りました。

仕事を終えて家に帰ると、寝室にベビーバス(赤ちゃん
のお風呂)が用意してありました。

リビングに行くと、部屋も綺麗になっていて妻は何かを
一生懸命書いています。その用紙を覗いて見ると、これ
から一週間の娘の幼稚園での予定表と持っていくものが
書いてあります。

それを見て「もう産まれそうなの?」と、聞きました。



妻は首を傾げながら、
「いや、どうなのかな〜?たまにお腹が痛くなるんだけ
 ど、これが陣痛なのかどうかわからないんだよね…。」

と、あいまいな返事です。

先日、臨月を迎えてベビーベッドの準備をしましたが、
妻は心配性なのでしょう。いつ出産(入院)しても良い
ように、家の中の整理や入院の際に持参するものまでも、
すでに用意してあるそうです。

おそれいりました。(笑)


【今日のお勉強】・・・陣痛(じんつう)


<陣痛とは>
 陣痛とは、子宮の筋肉が赤ちゃんを出口のほうに出そ
うとするために起こる子宮の収縮です。子宮収縮を繰り
返すことで子宮口がだんだん開いてきて、収縮する時間
も長くなります。

<始まり>
 最初は軽い生理痛のようなおなかの張りや腰の痛みか
ら始まります。不規則だった痛みと間隔がだんだん規則
的になってきて、それが10分間隔になったときがお産
の始まりとされています。

<前駆陣痛とは>
 前駆陣痛とは、陣痛の予行練習です。出産が近づくに
つれ不規則な子宮収縮が起こり、頻繁におなかの痛みや
張りを感じます。本物の陣痛をよく間違われ、あわてて
入院すると陣痛がなくなってしまうこともあります。

<病院に連絡する時期>
 陣痛を感じたらすぐに時計をチェックします。陣痛の
間隔が10分になったら病院に連絡をしましょう。また
激しい痛みや発熱がある場合は陣痛の時間とは関係なく
病院に連絡をして!

<注意すること>
 初産と経産の人では陣痛の間隔が違います。初産の人
が病院に連絡する時期は陣痛の間隔が10分ですが、経
産の人では15分というのが一般的です。

 病院にいくときは痛みのない時間を見はからい、近い
移動でも車を利用したほうが安心です。移動中に陣痛が
きたら車の中では横になり、歩いているときは立ち止ま
って痛みの波が過ぎるのを待ちましょう。



この妻の準備の良さと、妻の実家も近いということも
あり、さほど慌てないで出産できそうな気がします。
2人目ということで、精神的にも落ち着いているような
感じがします。

出産経験者は、予定日より早く産まれる、と言われて
いますが、いつになるのでしょうか。(笑)

 

【今日のお勉強】は、『 陣痛(じんつう) 』でした。

『 小さな幸せ度 』 ・・・☆☆☆

○第二児出産予定日(11月6日)まで あと18日

RANKING

←良かったらクリックお願いします。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
☆ 笑顔満載!☆
 【名前】 岬 太郎(自分)
 【年齢】 30代
 【職業】 普通の会社員
 【家族】 妻、娘(5歳)、息子(0歳)

 【一言】 日々小さな幸せを探して日記
      を書いています。

    『 沢山の笑顔 』 に出会える
     サイトを目指します♪

ランキング


↑人気blogランキングへ


人気ブログ