2006年11月12日

しっかりしてても、まだ5歳♪2

「 なんで、ゆうきには怒らないの? 」

少しとんちんかんな返答でしたが、娘を叱った時に出た
言葉です。娘の気持ちに変化が現れてきたのでしょう…。

『 ゆうき 』が生まれた時、弟の誕生を本当に喜んでい
ました。入院中の病院に毎日顔を出しては『 ゆうき 』
のことを抱っこしたり、やさしく声を掛けたり、頭を撫
でたりしていました。

退院した日も、とても嬉しそうに 『 ゆうき 』 のベッド
の横に寝そべってみたり、話しかけてみたり、オムツを
取り替えてあげたり、と大はしゃぎでした。

でも、娘にとって何か違っていたのでしょう。



退院してから3日。
娘は妻が入院している時「母さんに会いたい!」と涙ぐ
んだこともあります。母さんのことが大好きで、いつも
べったりでした。そのお母さんも帰ってきました。

これからは…、と思っていたでしょう。

しかし、
娘にとってのお母さん(妻)は、『 ゆうき 』に付きっ
きりで面倒を見ています。

それは、そうです。2時間おきに母乳を上げているので
べったりに見えます。そして産後の妻は、いつものよう
に動けないので、娘と遊んであげることも出来ません。
それをおそらく理解していないはず・・・。

これは事前に予期してたことですが、娘にとっては母親
を取られたような感覚で、寂しい思いをしたのでしょう。


そんな娘を外に連れ出し『 ラブ&ベリー 』のゲームを
しに行きました。気分転換になれば…、と思って。

 

夜…、娘がぐずりました。
「 ○○(娘)もおっぱい飲みたい。」
「 お母さんと一緒に寝る・・・。」


娘は、親の自分が言うのもあれですが、しっかりしてい
ます。普段の行動を見る限り、娘は大人の言うことがわ
かると思います。理解もしていると思います。

だから、今回も相当我慢しているのだと思います。

今、思うと本当は「なんで、ゆうきばっかりなの?」と
聞きたいでしょう、泣きたいのでしょう。
それを我慢している気がします。


でも、やはりまだ5歳なんです・・・。

そう思うと自然と涙が出てしまいます。
寝顔を見ると、つい叱ってしまったことを悔やんでしま
います。それぐらい許してやれば良かった、もっと気遣
ってあげれば良かった。


ごめんね、
もっと父さん(自分)が成長しないといけないよね。


『 小さな幸せ度 』 ・・・☆☆

【 出産日(11月4日)から 8日 】

ランキング

←良かったらクリックお願いします。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
☆ 笑顔満載!☆
 【名前】 岬 太郎(自分)
 【年齢】 30代
 【職業】 普通の会社員
 【家族】 妻、娘(5歳)、息子(0歳)

 【一言】 日々小さな幸せを探して日記
      を書いています。

    『 沢山の笑顔 』 に出会える
     サイトを目指します♪

ランキング


↑人気blogランキングへ


人気ブログ