2007年01月03日

久々に娘を叱りました!1

今日、久々に娘を叱りました!

この正月休みの期間中(12/30〜1/3)、娘を見ていて
ずっとあることが気になっていました。

それは、妻が長男の『 ゆうき 』に母乳をあげている
と母親にべったりひっついて邪魔をしたり、抱っこを
せがんだり…とわがままを言います。

妻は、そんな娘に対して、はじめは穏やかに言い聞か
せるのですが、しまいには怒り叩いてしまいます。
…で、娘は泣き叫ぶのです。

ここ数日、朝の目覚めはこの娘の泣き声でした!



今日もこんな場面があり、娘が泣きだしました。
泣きながらも妻のそばに行き邪魔をしようとしている
ので、娘を抱きかかえ言いました。

「 ○○(娘)、外(ベランダの外)に出すよ! 」

娘はさらに大泣きです…。

「 なんで、怒られてるか わかる?」

と、聞くと「 うん。」と頷き理由も言いました。
そう、娘は怒られるとわかっていてやっているのです。

娘は頭ではわかっているのだけれど、気持ちがそれを
コントロールできないのでしょう。
その気持ちを思うと、娘が不憫に思えてなりません…。

そんな娘に、
「 ○○(娘)は寂しいんだよね。
 母さんが『 ゆうき 』ばっかり抱っこしてるから。」

と、言うと泣きながら「うん。」と頷きます。
続けて、

「 母さんは『 ゆうき 』だけ好きなんじゃないよ。
  ○○(娘)も大好きなんだよ。『 ゆうき 』が
  寝ている時は、いつでも抱っこしてくれるよ。 」

「 だから、母さんが『 ゆうき 』に母乳をあげて
  いる時は、邪魔しないって約束できるかな?  」


娘は、「うん。」と頷きました。
そして、しばらく自分に抱っこされながら興奮が冷める
まで泣いていました。


言葉でどんなに娘に「 大好きだよ!」と言っても、
目の前にお母さんが『 ゆうき 』を抱っこして母乳を
あげていたら寂しくなりますよね…。

妻も自分も気を遣っているつもりなんですけど、
娘には伝わっていないんでしょう。


これから娘は約束をしたので、母乳の邪魔はしないと
思います。ただ、やっぱり『 ゆうき 』を抱っこして
いるお母さんの姿を見たら…、と思うと約束したのは
失敗だったかな、と思ったりもします。

それを見るのが嫌で、おばあちゃん(妻の実家)の
家に行く、と最近頻繁に言うのかも知れません。

もっと子供の目線で考えないといけないな〜♪


『 小さな幸せ度 』 ・・・☆

【 出産日(11月4日)から 60日 】

ランキング

←良かったらクリックお願いします。



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
☆ 笑顔満載!☆
 【名前】 岬 太郎(自分)
 【年齢】 30代
 【職業】 普通の会社員
 【家族】 妻、娘(5歳)、息子(0歳)

 【一言】 日々小さな幸せを探して日記
      を書いています。

    『 沢山の笑顔 』 に出会える
     サイトを目指します♪

ランキング


↑人気blogランキングへ


人気ブログ