2007年01月21日

「となりの裁判官」に興味津々3

「 生で起きてる本当のドラマ 」ですから。

今日のブログは何を書こうかな〜、なんて思いながら
テレビを見ていると、そこに飛び込んできた特集。

それが「となりの裁判官」。

最近、裁判を傍聴するのがひそかなブームとなってい
るらしいです。番組では裁判を傍聴するのが趣味とい
う人たちの生活やコメントを取材していました。

まさに興味津々です!
以前から、自分も法廷へ行ってみたい!
と思ってましたから…。

あっ!もちろん被告人としてじゃないですよ。(笑)



食い入るようにテレビを見ました。
自分は、まだ興味本位で傍聴したいと思っている程度
ですが、テレビで取材を受けた人は週に3、4回足を
運んで何時間も傍聴している人や仕事まで辞めて傍聴
をしている人など・・・、すごいです!

自分はなんで傍聴したいかと言えば、やはり「知らな
いことを知りたい。」という気持ちからでしょうか。

そして、それは自分と同じ人が起こす事件だからこそ
自分にも起こりえることかも知れないし、様々な事件
を起こした人はどう考え、どう裁判は行われているの
かすごく興味があります。

本を読んで知識を得るのとは違った、肌で何かを感じ
ることができるような気がします。


今日の勉強・・・『 傍聴(裁判所) 』


(裁判の傍聴)
法廷で行われる裁判の手続※は,原則としてだれでも
見ること(傍聴)ができます。

※民事裁判では口頭弁論や判決の手続,刑事裁判では
 公判や判決の手続が公開されています。

傍聴するときに,裁判所に事前に申し込む必要はあり
ませんが,傍聴希望者が多い場合には傍聴券交付手続
が行われる場合もあります。
また,グループで傍聴するときには,予約をいただく
場合もありますので,詳しくは,各地の裁判所のサイ
トの見学・傍聴案内コーナーをご覧ください。


(傍聴の手引き)
傍聴したいときには、
法廷が開かれていれば,事前に申し込まなくても傍聴
することができます。「傍聴人入口」の扉から中に入
り,傍聴席に座って傍聴してください。

どのような裁判が行われているのかは,法廷の入口に
掲示されている裁判の予定表(開廷表)で確認してく
ださい。すべての法廷の開廷表を玄関ホールなどに備
え付けている裁判所もあります。

なお,家庭裁判所や簡易裁判所などで扱う非公開の事
件(調停,審判等)は,傍聴することができません。

また,傍聴希望者が多い裁判では傍聴券交付手続が行
われる場合もあり,その場合には,指定された場所に
集合時間までにお越しいただき,傍聴券を入手する必
要があります。傍聴券交付手続が行われる裁判につい
ては,傍聴券交付情報をご覧ください。
詳しくは,傍聴に行く裁判所にお問い合せください。


(傍聴する際の注意)
法廷内では,裁判長が法廷の秩序を保つために必要な
措置をとることができますので,裁判長から指示があ
った場合には,その指示に従ってください。

法廷の入口付近には注意事項が掲示されていますので,
ご覧ください。

○法廷内では静かに
法廷の中では,審理の妨げとならないよう,大きな声
で話したり大きな音を立てたりしないでください。

○持ち物
携帯電話等音の出る機器をお持ちの方は,法廷内では
電源をお切りください。また,危険物や撮影・録音が
できる機器等は,許可なく法廷内に持ち込むことはで
きません。



この日、テレビではゲストに周防正行監督が出演して
いて、映画「それでもボクはやってない。」のPRを
行っていました。

この映画は、痴漢で逮捕された青年と、冤罪の証明に
奔走する弁護士たちの姿を描いたものです。

周防正行監督は、現在の裁判のずさんさをことごとく
知ったと嘆いていました。
自分もぜひ、この映画を見てみたいと思いました。

早く時間を作って、裁判所に足を運んでみたいです♪


『 小さな幸せ度 』 ・・・☆☆☆

【 出産日(11月4日)から 78日 】

ランキング

←良かったらクリックお願いします。



jungogo7 at 23:00│Comments(0)TrackBack(0)clip!趣味 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
☆ 笑顔満載!☆
 【名前】 岬 太郎(自分)
 【年齢】 30代
 【職業】 普通の会社員
 【家族】 妻、娘(5歳)、息子(0歳)

 【一言】 日々小さな幸せを探して日記
      を書いています。

    『 沢山の笑顔 』 に出会える
     サイトを目指します♪

ランキング


↑人気blogランキングへ


人気ブログ