2007年02月20日

予感的中!呼び出し…。2

「 太郎さん、ちょっと書庫にお願いします。」

始業のチャイムが鳴り、今日も仕事頑張ろう!
と、トイレに行って戻ってくると、準お局様に声を掛
けられました。

『 あっちゃー、朝から…。』

と、思いつつ準お局様の後について書庫に向かいます。
書庫に入ると、即座に鍵を閉められました。
内心、何を話すのかは薄々気づいているのですが、
「 どうしたんですか?」と平然を装って聞きます。

そして、準お局様が発した第一声は…。



「 H君のこと、手に負えません…。」

少しとぼけたフリをして、
「えっ!なんかあったんですか。」
とさらに聞き返すと、

昨日、後輩Hが話してくれたことを、準お局様からの
目線と気持ちで話してくれます。

まぁ、準お局様のフィルターを通っているので自分を
悪く言うことはないので、後輩Hの悪いところと言い
訳が主な内容でした。

ちょっと、後輩Hよりだったので話半分に聞いておこ
う、と思っていたのですが、昨日の話には続きがあっ
たようです。


それは…、

朝一に事件があった後に、準お局様はIさんに言い過
ぎた事を謝ったそうです。そして、夕方にも後輩Hに
も言葉はともあれ、謝りの言葉を言ったそうです。

その時、後輩Hは無視したそうです…。

これは聞いていなかった!知らなかった!
この時、後輩Hも悪い部分はあるんだよな〜、と思っ
たと同時に、自分に対してため息が出ました。


人は追い詰められたら、自分の良いように話をしたり、
嘘をつくものです。後輩Hにしても都合の悪いところ
ははぶいて、準お局様は自分が悪くないように正当化
していきます。

なので、その場にいなかった自分が各々に話を聞いて
も、どちらが悪いなんて判断できないし、自分が善悪
を決める資格もないのです。


それに今回の話は今までの準お局様の態度や人を見て、
初めから「準お局様が悪い!」というめがねをかけて
いたのかも知れません。


彼女は、「後輩Hを怒らせるようなことをしたのかも
しれないけど、無視される関係で一緒に仕事をしてい
けない。」と主張して、Iさんの代わりにグループに
入れるのを少し涙目で拒みました。


その場は、「ちょっと考えてみるね。」と言って時間
を貰って考えることに…。


夕方、準お局様よりメールが来ました。
後輩Hと同じグループにしないよう、上役の人に言っ
てください、という内容でした。

そのメールを見て自分は、
「 仕事なので、お互いが仲が悪いからという
  理由で意見が通ることはないと思うよ。
   それを言えば逆に追い込まれかねないよ。」

と、返事を書くと意外なことに納得してくれました。
その時、すごく嬉しい気持ちになりました。
準お局様と少し心が通じた気がしたからです。

まだ、準お局様は改善できるかもしれません!?


もうこの人を変えることはできない…、
と諦めていましたが、可能性があるかも?
もう少し様子を見てみようと思います。

あ〜、今日も胃が痛んだ日でした。
  

『 小さな幸せ度 』 ・・・☆☆

【 出産日(11月4日)から 108日 】

ランキング

←良かったらクリックお願いします。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by おつじ   2007年02月23日 23:23
最初から、色眼鏡で人を見ちゃうと、アカンってことでしょうね・・・わかっちゃいるけど、私もよくやっちゃいます。180度別の方向から見たら、良い人かも知れないのにねー。
今日の記事をみて、しみじみそう思いました。これからは気を付けなくっちゃね・・・
2. Posted by 太郎   2007年02月26日 19:20
おつじさんへ
コメントありがとうございます。
自分も偉そうに書いてるけど、すぐに忘れて
色眼鏡で見ちゃうと思います。
常に心がけるようにしたいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
☆ 笑顔満載!☆
 【名前】 岬 太郎(自分)
 【年齢】 30代
 【職業】 普通の会社員
 【家族】 妻、娘(5歳)、息子(0歳)

 【一言】 日々小さな幸せを探して日記
      を書いています。

    『 沢山の笑顔 』 に出会える
     サイトを目指します♪

ランキング


↑人気blogランキングへ


人気ブログ